[PR]

 今年1~6月、ロシア・シベリア地域は記録的な熱波に見舞われた。極寒の町ベルホヤンスクで気温が38度に達するなど、異常な高温を記録した。欧州の気象当局や大学などの研究チームが分析したところ、地球温暖化がなければ8万年に1回未満しか起こらないような現象だと分かった。

 シベリアの気温は年初から平年を大きく上回っている。1~6月の平均気温は1981~2010年の平均に比べて5度以上高かった。東シベリアのベルホヤンスクで6月20日、気温が38度に達した。北極圏で観測史上最高気温の可能性がある。

 研究チームはこうした気温の状況を分析したほか、現在の気候と温暖化前の気候を比べるシミュレーションもした。

 その結果、今年1~6月のシベ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら