[PR]

 厚生労働省は15日、新型コロナウイルスの感染者が多く出ているキャバクラやホストクラブなどの店について、専門家らでつくる助言組織「アドバイザリーボード」が「社交飲食店」としていた表現を「接待を伴う飲食店」に改めると発表した。政府内で統一的に使われているためという。

 助言組織は14日に会合を開き、感染状況の分析と評価を行った。その際、初めて社交飲食店という表現を使った。専門家から提案があったという。しかし、公表後にインターネットなどで「わかりにくい」などの批判が相次いだ。

 これを受け、厚労省は「新たな用語が出ることで混乱する」として、これまで政府内で統一的に使っていた「接待を伴う飲食店」に修正することにした。

 こうした店は「夜の街」との呼称が広がっていたが、あいまいな表現で風評被害につながるなどの指摘もあった。同省幹部は「『夜の街』だと接待を伴わない店まで含まれていると思われるので、呼び方を変えないといけないというコンセンサス(合意)はあった」と話した。(姫野直行)