[PR]

 自民党の稲田朋美幹事長代行は15日、自身が会長を務める保守系議員グループ「伝統と創造の会」の会合を開き、自らの考える政治理念について語った。稲田氏が選択的夫婦別姓に理解を示したり、税制改正論議で未婚のひとり親への支援を求めたりしたことに、「伝統的な家族観を壊す」などとしてグループ内から異論が出ており、メンバーの理解を得たいとの思惑があった。

 稲田氏は「固定概念にとらわれることなく自由闊達(かったつ)な議論で物事の本質を見る」との理念を示したうえで、「伝統的家族を作ろうと思っても作れなかったり、壊れてしまったり、そんな立場の人を放置できない気持ちになった」と語った。

 稲田氏は元々、安倍晋三首相と思想信条が近く、党内右派の論客として知られていた。党政調会長時代には性的少数者への理解増進を図る法案作成に動き、女性による議員連盟を立ち上げて女性議員を増やす必要性を訴えるなど、最近は、従来の枠組みにとどまらない方向に活動の幅を広げつつある。

 だが、こうした動きについて、…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら