[PR]

 群馬県川場村の薄根川沿いの水田で、地元有志がつくった「田んぼアート」が見ごろとなった。緑色の稲の中に、「がんばろう日本 ONE☆TEAM」という紫色の文字がくっきりと浮かび上がった。

 東京都世田谷区との交流開始30周年の記念事業として地元有志が2011年に始めて10年目。例年、田植えには世田谷区民も数十人参加するが、今年は村民だけで作業をした。「密」を避けるため、複雑な絵やデザインは取りやめシンプルな文字だけにした。

 文字の部分は濃い紫色の稲で、緑色の稲の中で際立つ。村歴史民俗資料館近くの「ふれあい橋」の上から見ることができる。村によると、はっきり見えるのは8月下旬まで。(遠藤雄二)