【動画】殺人事件の現場マンションから黒ずくめの不審な男が走り去る=付近の防犯カメラ映像から
[PR]

 15日午前7時15分すぎ、東京都板橋区徳丸6丁目のマンション2階の一室で、住人の無職西智子さん(51)が血を流して倒れているのを、110番通報で駆けつけた警察官が発見した。西さんは背中や腰を数カ所刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁は殺人事件として捜査を開始。同居していたという30代半ばの元夫が事情を知っているとみて行方を追っている。

 捜査1課によると、西さんが倒れていたのは玄関付近。刺し傷の一部は心臓に達しており、失血死の可能性がある。台所で血のついた包丁が見つかった。玄関は施錠されていたという。午前7時ごろ、西さんが自ら「早く来て」と110番通報していた。

 昨年8月には元夫が、西さんから暴力を振るわれたとして警視庁に相談していた。それ以降トラブルは確認されていなかったという。

 現場近くの防犯カメラには通報の約10分後、黒色のヘルメットをかぶった黒ずくめの服装の男が、マンション方向から小走りで去っていく様子が映っていた。同庁も同じ映像を確認しており、関連を調べている。