教育現場、キラキラ見えたけど… 転職して片づけプロに

有料会員記事

佐藤剛志
[PR]

 公立小学校の教諭を辞め、教育現場の片付けの「指南役」として独立した男性が名古屋市にいる。学校の不用品整理は教員の「働き方改革」にもつながると説き、今年2月にこれまでの取り組みを本にまとめ、全国の教職員から反響があったという。片付けと働き方改革はどうつながるのか。

 丸山瞬さん(33)は今年3月、3年間務めた名古屋市立小学校の教諭を辞めた。現在は「学校整理収納アドバイザー」の肩書で活動している。在職中から学校の不用品整理の意義をブログで発信し、テレビや雑誌で紹介されていた。

 「私生活で片付けは得意じゃない」という丸山さんだが、学校の整理整頓に関心を抱いたきっかけは、教諭になる前の講師時代にさかのぼる。

 「憧れていた教育現場で最初…

この記事は有料会員記事です。残り1329文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら