[PR]

 約9千万年前の白亜紀にいたサメの仲間「ヒボダス類」のとげの化石が見つかったと16日、岩手県久慈市の久慈琥珀(こはく)博物館が記者会見を開いて発表した。ヒボダス類に特徴的なとげの化石が発見されたのは、国内では初めてだ。

拡大する写真・図版発見されたヒボダス類のとげの化石=久慈琥珀博物館提供

 ヒボダス類は、古生代の石炭紀から中生代の白亜紀まで生きていたサメだ。現在のサメやエイの仲間と、近縁だったと考えられている。その多くは、前後の背びれに長いとげを持っていたという。

 見つかった化石は長さ約20センチ。平山廉・早稲田大教授や宮田真也・城西大大石化石ギャラリー学芸員らが調べ、緩やかに弧を描く、側面に筋が入っている、小さな突起があるなどの特徴からヒボダス類のとげと判断した。とげの長さから、魚体の全長は1メートルほどと小型だったと考えられた。

拡大する写真・図版ヒボダス類の復元図。2枚の背びれの前にとげがある=宮田真也さん提供、J.Maisy氏の1982年の論文をもとに作製

 現在のサメでも、ネコザメなど…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら