[PR]

 中国の国家統計局が16日に発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP)の速報値は、物価の影響を除いた実質で前年同期より3・2%増えた。新型コロナウイルスの影響で、1~3月期は6・8%減と統計開始以来のマイナス成長だったが、徹底した対策で感染は下火となり経済の再開が進展。プラス成長へと転換した。

 1~6月期で見ると、前年同期より1・6%減った。

 同時に発表された4~6月期の生産と消費、投資の動きを示す統計は、軒並み1~3月期に比べて改善をみせている。外国で新型コロナの流行が続き外需は弱いままだが、政府が工場の再開を推進しており、鉱工業生産は4・4%増となった。1~3月期の8・4%減から大きく戻した。

 小売総額は1~3月期の19%減から3・9%減まで戻したが、プラスにはならなかった。一部で「爆買い」が戻ったが、多くの人が失業や減収といった苦境に陥り消費全体は低調だ。固定資産投資は1~6月期は3・1%減だった。1~3月期の16・1%減から改善した。

 6月の失業率は5・7%で、5月の5・9%から改善した。(北京=福田直之)