[PR]

 立憲民主党の枝野幸男代表は16日午前の記者会見で、国民民主党に提案した両党が解党して新党を作る合併方式について、「政権の選択肢として、幅広い力を結集する責任を果たすための苦渋の判断だ」と説明した。「一日も早く結論を得ることが必要だ」とも述べ、国民側に速やかな検討を求めた。

 枝野氏は、国民などと昨年9月に結成した野党統一会派の国会活動を通じて「一つの政党として、国民に自信を持って訴えるに十分な理念政策を共有している」と強調した。

 新党の党名を「立憲民主党」で提案したことについては「現政権の問題点は、立憲主義を無視することに起因する」と指摘。そのうえで「『立憲』という安倍自民党との明確な対立軸を示すこと(の必要性)は多くの人に理解されると信じている」と語った。

 枝野代表の記者会見での冒頭発言は、以下の通り。

 すでに大きく取り上げられておりますが、こうした状況の中で「Go To キャンペーン」を予定通り進めるということが適切とは思えないという大きな声になっております。観光関連産業のみなさんには別途、何とか苦境を乗り切るための補償その他を、さらに充実させる必要がありますが、「Go To キャンペーン」についてはいったん立ち止まって、再検討する必要があると強く申し上げておきたいというふうに思っております。

 さて今日、臨時に会見をセットさせていただきましたのは、昨日、幹事長から、国民民主党さんに申し入れをさせていただいた点について、改めて私からもメディアのみなさんに、というよりも、国民、有権者のみなさんに説明をさせていただきたいということでセットをさせていただきました。

 私たちは昨年の秋の臨時国会か…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら