[PR]

 公明党の山口那津男代表は16日午前、党の会合のあいさつで、政府の観光支援策「Go To トラベル」事業について「東京などについては、実施を慎重に対応する手立てを講じて頂きたい」と述べ、政府に改善策を検討するよう求めた。

 山口氏は、東京都を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない現状に触れ、「都知事が都外への不要不急の外出を自粛してもらいたいと発信するに至った」と指摘。事業の実施にあたり「東京の感染、そこから拡大している感染の全国的状況」を見極める必要があると主張した。

 山口氏は、14日の記者会見では「感染が心配だから(事業を)やめるのは、過度な対応になる」などと語っていた。同事業については、首長や医療界から異論が相次ぎ、野党は実施の延期などを求めている。

 安倍晋三首相は16日午前、首相官邸で記者団に、予定通り実施するかどうかを問われ「現在の感染状況については高い緊張感を持って注視をしている。専門家の意見をよく聞いてみたい」と語った。