[PR]

 記録的な豪雨で25人の犠牲者が出た熊本県球磨(くま)村は被災後、対策本部の機能を屋根だけの施設に移し、しのいできた。17日以降、ようやくプレハブの仮庁舎で業務を始められる見通しになった。

 村役場庁舎があるのは、球磨川に沿って通る国道219号の近く。しかし、今月4日の豪雨によって、九州自動車道のインターチェンジがある近隣の人吉市や八代市に通じる国道が濁流で削られ、各所で陥没。周囲と行き来しづらい状況になっていた。

 電気や水道が使えず通信環境も悪かったため、村役場に置いていた災害対策本部を6日、約5キロ東の村総合運動公園内の「さくらドーム」に移転。かつてゲートボール場などとして使われていた場所で、被災直後は200人を超す住民らが2晩避難していた。

 ドームにはかまぼこ形の屋根はあるものの、壁も床もない。職員たちは地べたにブルーシートを敷き、長机やホワイトボードを並べて職務にあたってきた。現地では、4日の豪雨後も断続的に雨が続いてきたが、ドーム内に吹き込む雨風はブルーシートを張ってしのぎながら、住民たちの安全確保やインフラの復旧などに取り組んできた。

 自身もドーム内の災害対策本部…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら