[PR]

 沖縄県の玉城デニー知事は16日昼過ぎ、記者会見し、沖縄市に住む80代の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性はタクシー運転手で、多数の感染が確認されている米軍基地の関係者を送迎しており、軍関係者から県民が感染した初のケースと、県はみている。

 県によると、県内では7日以降、米海兵隊キャンプ・ハンセン(金武町など)など、米軍基地での感染が拡大。男性は日ごろからキャンプ・ハンセンに出入りし、直近は4~8日に勤務していた。14日に発熱があり、15日に感染症指定医療機関を受診し、抗原検査を受けたところ、陽性が確認されたという。

 一方、県は16日、米海兵隊普天間飛行場(宜野湾市)で新たに2人の感染が確認されたと発表した。7日からの米軍関係の感染者数は計134人となった。