[PR]

 巨大与党に対抗する「一手」は、野党第1党の立憲民主党が自ら解党し、旧民主党勢力を再結集する新党構想だった。人事や綱領などの大幅な見直しも含む提案は、次の衆院選に向け後のない立憲・枝野幸男代表の危機感の表れともいえる。

 枝野氏は16日午前の記者会見で、福山哲郎幹事長が国民民主党に前日申し入れた新党結成案について、「政権の選択肢として、幅広い力を結集する責任を果たすための苦渋の判断」と厳しい表情で語った。

「合流しなければ壊滅的」

 立憲の提案は、立憲と国民両党…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら