ガァーンと転落 妻通報、夫は運転手救助 夫婦に感謝状

中川壮
[PR]

 ため池に転落した車から70代男性を救出したなどとして、諫早消防署は14日、諫早市森山町上井牟田の元刑務官牟田恵(さとし)さん(73)、妻鏡子さん(68)に感謝状を贈った。

 バァー

 ガァーン

 6月24日午後5時25分ごろ、自宅の庭にいた夫妻は、向かいの横山ため池の方からアクセルをふかすような音と衝突音を続けて聞いた。2人ともすぐ駆け出した。池に面した道路に出ると、タイヤを下にして軽ワゴン車が水面に浮かんでいた。

 運転席の窓ガラスは跡形もなく割れて、フロントガラスは全面にひび。一段低い道路脇に落ちた後、一回転して着水したようだった。幸い車内にはまだ水は入っていなかった。

 恵さんは鏡子さんに「警察に通報!」と頼むと、腹まで水につかって池に入った。両手で運転席の窓枠をつかんで引き寄せるとドアを開け、運転席のシートベルトを外して男性を引っ張り出した。男性は放心状態だったという。

 鏡子さんは自宅へ引き返して携帯電話で119番通報。救急車が到着するまで現場から消防に状況を逐一伝えた。

 恵さんは「一生懸命。時間が過ぎとったら車は沈んでた。適切な処置ができた」。鏡子さんは「動揺していて何が何だか。ずっとドキドキしていた」と振り返った。

 諫早消防署は、腕などを出血していた男性を素早く手当てした会社員正津さおりさん(50)=同町上井牟田=にも感謝状を贈った。(中川壮)