[PR]

 東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに286人確認されたと発表した。1日あたりの感染者数としては10日の243人を上回り、過去最多を更新した。都内の感染者数は8日連続で100人を超えた。4~5月の緊急事態宣言下と比べ、7月は20~30代の若い世代の感染が約7割を占めるが、ここ1週間では10歳未満や重症化しやすい60歳以上にも感染の幅が広がりつつある。

 都が都内31カ所の保健所から感染者数を集計して公表するまでには検査日からおおむね3日かかる。最多を更新した理由について、都は13日の検査件数が過去最多の4700件以上に上った点が大きいと説明。緊急事態宣言下では1902件(5月11日)が最多だったが、接待を伴う飲食店や保育園、学校、高齢者施設などで濃厚接触の疑いがある場合は各保健所で積極的な集団検査が実施され、7月以降は3千件を上回る日が続く。検査件数の増加の一方で、週平均の陽性率も15日時点で6・0%と、1日時点の3・9%より上昇している。

 週平均の1日あたりの感染者数は16日時点で195・4人に上り、感染が拡大した緊急事態宣言下の最大値(167・0人、4月14日)を大きく上回る。

 16日の286人を年代別で見ると、20代は最多の139人、30代は57人で、全体の7割弱を占めた。40代は31人、50代が20人、60歳以上が25人、20歳未満が14人だった。新宿区の「検査スポット」でこれまでで最多の70人の感染が確認された。16日時点で感染経路不明だったのは137人。

 感染者数自体が増えているため、重症化しやすい60歳以上の高齢者の感染者数は増え続けている。

 7月に入ってから16日までの…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら