[PR]

 自民党のミサイル防衛に関する検討チームは16日、第3回会合を開いた。政府が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備を断念したことを踏まえ、座長の小野寺五典元防衛相が「敵基地攻撃能力」の保有も念頭に置いた今後の方向性を提示。しかし、慎重意見も出たことから、引き続き検討することになった。

 出席した中谷元・元防衛相によると、会合では今後の方向性に関する文書が示された。「敵基地攻撃能力」という表現はなかったものの、抑止力向上のため、日米の機能の役割分担は維持した上で、日本としていかなる対応ができるかと指摘。その上で、敵基地攻撃能力に相当する抑止力の保有を検討する内容だったという。

 会合では「もっとしっかり対応すべきだ」と必要性を説く意見が出た。一方で、「周辺の国に逆に不安を与える」と慎重な意見もあり、引き続き議論することになった。

 また、出席した政府の担当者か…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら