[PR]

 大阪府は16日、66人に新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。前日の61人を上回り、緊急事態宣言解除(5月21日)以降の最多を更新した。全員が軽症か無症状という。新たな陽性確認のための検査件数(1133人分)に占める陽性者の割合(陽性率)は5・8%だった。

 府内の感染者はのべ2222人(2~3回の陽性が確認された30人を含む)になった。死者は86人。

 10~16日の1週間では247人の大幅な増加になった。東大阪市では1週間で32人増え、堺市を上回って府内では大阪市に次いで感染者が多くなった。

 大阪市教育委員会は16日、城東区の市立鯰江東(なまずえひがし)小学校の女性教職員1人が感染したと発表した。同校は16日の給食後に全児童を下校させ、17日は休校する。

 府教育庁は16日、府立摂津高校で男子生徒1人が感染したと発表した。同校は18日まで休校する。府立阿武野高校の男性教職員も新たに感染が判明。同校では11日に別の教職員の感染が確認されすでに休校しているが、期間が19日まで延長される。(加戸靖史、長富由希子、山田健悟)