[PR]

 熊本県は16日、県内で取材していた神奈川県在住の報道関係者の30代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は13日に熊本県に入り、記録的な豪雨被害に見舞われた人吉保健所や八代保健所の管内で15日まで取材活動をしていた。発熱やのどの痛みなどの症状があるという。熊本県内で感染が確認されたのは6月22日以来で、計50人となった。