[PR]

 新型コロナウイルスの国内感染者は16日、午後10時半現在で、622人が新たに確認された。緊急事態宣言解除後としては最多で、1日あたりの感染者が600人を超えるのは4月11日以来96日ぶり。死者はいなかった。

 首都圏の1都3県はいずれも解除後最多となり、あわせて415人に。宮城県でも過去最多の14人が確認された。大阪府の66人、兵庫県17人、京都府13人も解除後最多で、近畿圏でも再拡大が続いている。

 愛知県では21人を確認した。20人を超えるのは4月9日以来だ。今月1~16日の県内の感染者50人のうち半数近くの22人が首都圏由来だったといい、大村秀章知事は16日夕に開いた臨時会見で「東京由来、他県由来が大変多い。憂慮すべき事態だ」と述べた。

 東京都では、中央大(八王子市)の運動部合宿所で生活している学生11人が感染した。最高裁事務総局勤務の30代の男性裁判官の感染も確認された。

 神奈川県の48人のうち、川崎市の20代男性は、集団感染が起きた「新宿シアターモリエール」の舞台に出演。横浜市、相模原市などの6人は同シアターを訪れており、複数回観覧した人もいるという。