[PR]

 米ニューメキシコ州の「トリニティ・サイト」で史上初めての核実験が行われてから75年を迎えた16日、トランプ米大統領は声明を発表し、中国とロシアに核軍縮に向けた新たな枠組みに加わるよう求めた。

 トリニティ・サイトでは1945年7月16日、原爆を開発する「マンハッタン計画」の一環として、プルトニウム型原爆を使った実験が行われた。トランプ氏は声明で「(実験は)第2次世界大戦の終結や、国際的安定、科学的革新、経済繁栄の新時代に寄与した」とし、「素晴らしい偉業」と称賛。「核抑止力は米国や同盟国に大きな利益をもたらした」と主張した。

 米国は1992年以来、核爆発を伴う核実験のモラトリアム(一時停止)を続けているが、トランプ氏はロシアが爆発を伴う核実験を実施し、中国にも同様の懸念があるとして不満を表明。「軍拡競争を止めるため、中ロに米国の取り組みに加わるよう求める」と要望した。その一方で、米メディアは5月、米政権が核爆発を伴う核実験の再開を議論したと報じている。

 米ロ間に残る唯一の核軍縮条約である新戦略兵器削減条約(新START)は来年2月に期限が切れる。米国は中国も交えた新たな条約を提案するが、中国は参加を拒否し、延長交渉の行方が危ぶまれている。

 米国の一線級の科学者らは16日、「トランプ政権が検討する核実験再開の動きは、核軍拡競争や偶発的・意図的な核戦争のリスクを高める」と強い懸念を示し、実験の停止を続けるよう要請した。(ワシントン=渡辺丘)