[PR]

 緊急事態宣言が解除され、久しぶりに学校へ行こうとしたら、「体がだるくて起き上がれない」「めまいがする」。子どもたちがそんな不調を訴えていませんか。もしかしたら、自律神経の不調が引き起こす「起立性調節障害」かもしれません。外出自粛で運動不足になったり、生活リズムが乱れたりし、症状が悪化するケースもあるそうです。

拡大する写真・図版起立性調節障害で起き上がれず、寝そべったままスマホなどを長時間見ることが増えると、症状が悪化する一因となる

休校で体力低下し症状悪化

 「しんどい。起きられない」。大阪府吹田市に住む女性(46)の高校3年生の長女(17)は、休校明けに登校しようとした6月の朝、こう訴えた。

 長女は、中学生のころから慢性的なめまいや頭痛に悩まされてきたが、はっきりとした原因の診断が出ない状況が続いていた。休校中は、家で横になってスマートフォンを触ったり、テレビを見たりして過ごすことが多かった。しかし女性は、「高校生になり、公園に遊びに行く年でもないから」と、特に気に留めていなかったという。

 ただ、5月末に診察を受けたか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら