【動画】東京都が除外されることになった、Go Toトラベルキャンペーンとは
[PR]

 新型コロナウイルス対策として22日から始める観光支援策「Go To トラベル」について、赤羽一嘉国土交通相は17日の閣議後会見で、東京都民と都内への旅行を対象外とすることを正式に発表した。

 赤羽氏は会見で「都内の観光事業者の皆さま、都民の皆さまに大変期待があったと承知している。私としても断腸の思いだ」と述べた。そのうえで「一刻も早く全国各地から東京の旅行を楽しんでいただけるよう、環境づくりに全力をあげて取り組む」とした。東京も事業の対象に含めるかどうかの判断は、感染状況を踏まえ専門家の意見を聞いて政府として対応する考えを示した。

 支援策は当初、22日から全国一律で始める予定だった。しかし、東京都を中心に感染者の増加傾向が確認されたことなどから各地の首長らから批判が続出。政府は方針を転換し、東京都を外して予定通り行うこととして、16日開かれた政府の新型コロナ感染症対策分科会で了承された。

 東京を外して事業を実施することで事業効果が薄れるとの指摘について、赤羽氏は「一定の経済的影響が出る」と認めた。「経済的効果より安全対策上やむを得ぬ措置だ」とも付け加えた。東京が対象から外れたことを理由に旅行の予約をキャンセルした場合の補償は「考えていない」という。