[PR]

 新型コロナウイルスへの感染を調べる検査について厚生労働省は17日、これまで症状がある人を対象としていた唾液(だえき)を用いるPCR検査と抗原検査を無症状の人に使うことを認めると発表した。ただし抗原検査は専用の機器を使った定量検査が対象で簡易キットは対象外とした。月内にも空港検疫で使用されるという。

 厚労省によると、これまで無症状者に行われてきた鼻の奥の粘液でのPCR検査とほぼ同等の精度があると確認されたという。鼻の奥の粘液は看護師などしか採取できず、採取時のせきやくしゃみで感染する危険があるが、唾液は痛みもなく、自分で採取できる。加藤勝信厚労相はこの日の閣議後会見で「国際的な人の往来再開に向けた検査能力拡充にも資する」と話した。

 これまで無症状者の診断は、鼻の奥の粘液によるPCR検査と定量の抗原検査しかなかった。