89歳、刺された交番相談員を救護 看護師歴50年

有料記事

岩田恵実
[PR]

 東京都葛飾区警視庁亀有署南水元(みなみみずもと)交番で包丁を持った男に襲われた交番相談員を救護したとして、署は同区の宇佐美とめ子さん(89)に感謝状を贈った。宇佐美さんは総合病院で総婦長も務めた看護師歴50年の大ベテラン。花屋からの帰り道に遭遇した、命に関わりかねない切迫した状況にも、慌てることなく的確に対処したという。

 4月30日午前9時半ごろ、男が叫びながら交番に押し入り、交番相談員の男性職員(61)に包丁で襲いかかった。職員は尻や背中に1カ月の重傷を負いながら、逃げる男を追いかけた。

 宇佐美さんは近くの花屋から自宅に帰るところだった。うつろな目をして青白い顔でよろよろ歩く職員に気づくと、護身用に持ち歩いている笛を吹いて周りの人たちに119番通報するよう要請。そばの和菓子屋でタオルを借り、傷口が地面に触れて感染症にかからないよう立たせたまま止血したという。

 さらに、救急車が到着するま…

この記事は有料記事です。残り249文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!