【動画】増え続ける新型コロナウイルスの新規感染者。クラスターが懸念されている
[PR]

 東京都は17日、新たに新型コロナウイルスの感染者を293人確認したと発表した。16日の286人を上回り、過去最多を2日連続で更新した。17日までの週平均の感染者数は202・6人で200人を超えた。小池百合子知事は、同日の定例会見で「最近は40代、50代も増加傾向にある。若年層の友人同士のパーティーとか、会食による感染、高齢者への家庭内感染などの広がりが見える」と語った。

 都が感染者数を集計して発表するまでには3日ほどかかる。14日の検査件数は過去最多だった13日の約4700件に続き、4千件ほどと高い水準を維持していた。ただ、週平均の陽性率は16日時点で6・3%と前日よりも0・3ポイント増え、上昇傾向が続いている。

 17日の293人を年代別で見ると、20代が最多の147人、30代が63人で全体の72%を占めた。40代が34人、50代が24人、20歳未満が7人、60歳以上は18人だった。無症状は48人。17日時点で感染経路がわからなかったのは142人だった。

 感染経路で見ると、接待を伴う飲食店の従業員ら「夜の街」関連は69人でうち新宿エリアは49人だった。そのほか、会食が24人、保育園などの施設内が20人、職場内が15人、家庭内が16人などだった。

 都内の入院患者は17日時点で836人と、今月1日時点(280人)の3倍となった。都は確保病床数を2800床に増やすため、医療機関に要請を続けている。

 都の担当者は今後の見通しについて「15日、16日も検査件数が4千件を超えており、感染者数については土日も予断を許さない状況と思っている」と話した。

 感染者数の急増を受け、都は15日、感染状況に関する4段階評価の警戒度を最も深刻な「感染が拡大していると思われる」に引き上げた。7月は20~30代の若い世代の感染が約7割を占めているが、ここ1週間では10歳未満や重症化しやすい中高年齢層にも感染の幅が広がっている。