拡大する写真・図版約4カ月ぶりの公演再開でにぎわう宝塚大劇場=2020年7月17日午後0時14分、兵庫県宝塚市、滝沢美穂子撮影

[PR]

 ようやくこの日が――。4カ月の公演中止を経て17日、宝塚歌劇が再始動した。劇場周辺には朝から待ち望んだファンの姿も。だが当日券の販売や出演者の楽屋入り待ちはなく、普段に比べて静かな初日を迎えた。

午前10時、大劇場の門が開く

 午前10時前、宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)前に約90人が列をつくった。グッズショップ「キャトルレーヴ」の入店整理券を求める人たちだ。

拡大する写真・図版劇場前には、グッズショップの入店整理券を求める列ができた=2020年7月17日午前9時51分、兵庫県宝塚市、滝沢美穂子撮影

 先頭に並んでいたファンの女性(37)=大阪府池田市=は、初日のチケットがとれず、せめて舞台写真を買いたいと訪れた。「再開を楽しみにしていました。(花組トップスターの)柚香光(ゆずかれい)さんが羽根を背負う姿が早くみたい」

 観劇できるのは8月以降になりそうだが、今後のコロナの感染状況が心配だ。「いつかまた公演が中止になるんじゃないかと不安。無事に公演を続けてほしい」と語る。

拡大する写真・図版トイレの床には間隔をあけるようシールが貼ってある=2020年7月16日午後4時54分、兵庫県宝塚市、滝沢美穂子撮影

 午前10時には、宝塚大劇場の正面ゲートが開いた。大劇場への入り口は4カ所あるが、この日はコロナ対策で一つに絞られた。一部の飲食店も営業を再開した。

拡大する写真・図版入場口に並んだファンが、一列になり劇場に入っていった=2020年7月17日午前10時3分、兵庫県宝塚市、滝沢美穂子撮影

入り口で検温、消毒も

 「入り口で検温を行っています。手指の消毒にご協力をお願いします」とスタッフが呼びかけ、一列になった観客が劇場内に入っていく。入り口の検温装置に顔をかざし、手指を消毒していた。

拡大する写真・図版劇場の入り口には検温装置と消毒ができる設備がおかれた=2020年7月16日午後5時4分、兵庫県宝塚市、滝沢美穂子撮影

 正午が近づくと、花組公演「は…

この記事は有料会員記事です。残り730文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り730文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り730文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら