[PR]

 厚生労働省は17日、新型コロナウイルスに感染したのは仕事が原因だったとして労働災害(労災)と認定された人の内訳として、死亡した人の数を初めて公表した。今月15日時点で、亡くなった9人の遺族が労災申請しており、このうち1人が労災と認められた。

 厚労省によると、労災認定された人は卸売・小売業で働いており、海外出張中に感染したと認定された。申請中の8人は、建設業や不動産・物品賃貸業などで働いていたという。

 新型コロナ感染に関する労災は、死亡者以外も含めた全体では15日時点で667人が申請しており、130人が認定されている。厚労省はホームページで新型コロナの労災申請・認定状況を公開している。(滝沢卓)