申告敬遠、使う相手は決めていた 監督の狙い的中

[PR]

 島根の独自大会で、邇摩(にま)が1点リードの序盤に今年から導入された申告敬遠を使った。二回2死二塁の場面。石崎敏彦監督は昨秋の県大会で戦った時の印象から、申告敬遠を使う選手を決めていたという。この後、二塁走者の盗塁を刺してピンチを脱出。チームは勢いに乗り、7回コールド勝ちした。「勝負していたらずるずると点を取られていたかもしれない。あそこが決め手だった」と石崎監督。エース向田翔也は「走者を進めたくなかったので、使ったのは大事だった。暴投の心配をせず、すぐ次打者に気持ちを切り替えられた」と満足げだった。=県立浜山

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント