[PR]

 山形大学が、指先の脈波や声、表情などから手軽にストレスチェックができる仕組み「マインドスケール」を、民間企業と共同開発した。新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークなどが導入され、対面のコミュニケーションの減少も懸念される中、企業向けに新たなメンタルケアのサービスを提供したいという。

 開発したのは、山大学術研究院で電子デバイス・電子機器を研究する横山道央准教授と、知能情報学の原田知親助教、米シリコンバレーに本社があるベンチャー企業の日本法人「Yume Cloud(ユメクラウド) Japan」(吉田大輔社長)。同法人は山大の誘いで、山大の有機材料システム事業創出センター(米沢市)内に設立された。東北大学、東北芸術工科大学も開発に協力したという。

 サービスは、専用の計測器で測った、血液が全身に送られる時に起きる脈波や、スマホのマイクやカメラで捉えた声や表情などを人工知能(AI)で分析し、ストレスの度合いをグラフなどで可視化。これを基にカウンセラーとオンラインでやり取りをし、メンタルケアに生かすという。

 現在のメンタルケアは記述式の…

この記事は有料会員記事です。残り350文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り350文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り350文字有料会員になると続きをお読みいただけます。