[PR]

 福井空襲で殉職した電話交換手らの慰霊式が17日、福井市大手3丁目のNTT大手ビルそばの観音像の前であった。遺族やNTTの関係者らが手を合わせた。

 「福井空襲史」やNTTによると、亡くなったのは、福井郵便局電話分室の電話交換手の女性ら23人。1964年に遺族らが観音像を建立し、慰霊を続けている。

 福井市の友田さづゑさん(88)は、交換手だった20代の姉を失った。空襲当日に姉の職場に弁当を届け、帰り際に窓から顔を出して見送ってくれた姉の姿が心に残っているという。「姉がかわいそうで忘れられない。怖かったね、つらかったやろうな、と声をかけながら手を合わせました」と語った。(八百板一平)