[PR]

 雇われて働く人に最低限払うべき「最低賃金」の今年の引き上げ議論が山場を迎えている。経営側は、新型コロナウイルスが経済に与えた打撃を訴え、引き上げの凍結を主張。一方で労働側からは、感染リスクを抱えながら人々の暮らしを支える「エッセンシャルワーカー」らの生活を、最低賃金の引き上げで支援する必要があるとの声も上がっている。

 「エッセンシャルワーカーで働き続けて、これで最低賃金が上がらないと、この仕事は続けられない、という人たちも出てくると思う。イコール、社会を支えることが厳しい状況になる」

 労働組合の中央組織の一つ、全…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら