[PR]

 ラベンダーなどの花々が咲き誇る美瑛と富良野エリアを走るJR北海道の観光列車「富良野・美瑛ノロッコ号」の運行が18日、始まった。9月22日までの土日祝日に、旭川―富良野間を1往復、美瑛―富良野間を2往復する。

 今季は新型コロナウイルスの影響で運行開始が昨年より1カ月ほど遅れていた。間隔を空けて座れるよう、指定席は定員の約6割に減らした。それでも旭川駅を午前10時に出発した列車は指定席が完売し、約150人が乗り込んだ。開け放った窓から吹き込む風を浴びながら、乗客らはスマホのカメラを車外に向けていた。

 ほぼ半年ぶりの家族旅行で美瑛に向かっていた旭川市の西海昊晴君(6)は「久しぶりの旅行。楽しみたい」と話していた。(長崎潤一郎)