[PR]

 県内で新たに県警の警察官ら男性2人の感染が確認され、県と鹿児島市が18日に1人ずつ発表した。県警の感染者は初。同市のショーパブで発生したクラスターとの関連が確認された人はいなかった。県内の感染者は計164人(クラスター関連は計116人)となった。

 発表では鹿児島市の60代の男性と、鹿屋市の20代男性。県警などによると、鹿屋市の男性は交通機動隊大隅分駐係所属の警察官。症状はみられないという。知人の感染を知り、17日にPCR検査を受けて陽性が確認された。交通の指導や取り締まりにあたっていたが、勤務中はマスクを着けていたという。

 濃厚接触者は同僚の警察官と知人の計6人。PCR検査で5人は陰性で1人は検査中という。県警は、警察官が勤務していた鹿屋署の別棟や同署内を16日に消毒した。県は17日夕に感染者がいないと発表したが、警察官の感染はその後に判明した。(奥村智司)

関連ニュース