[PR]

(18日、プロ野球・ロッテ5―2日本ハム)

 ロッテは四回、安田の犠飛で同点とし、柿沼の2点二塁打で勝ち越した。安田は七回に本塁打を放った。日本ハムは四回以降、無安打だった。

     ◇

 ロッテの先発マスクをかぶった柿沼友哉と、種市篤暉のバッテリーの呼吸はぴったりだった。

 二回、日本ハムの横尾俊建と渡辺諒にソロ本塁打を浴び、逆転を許した。打たれたのはともに直球で、シュート回転して本来の球威ではなかった。2人はしかし、三回以降、それを逆手に取った。柿沼が「真っすぐが動いているから、生かそう」と言えば、種市も「インコースを突いていこうと思った」と意見が一致した。

 はまったのは、逆転した直後の…

この記事は有料会員記事です。残り382文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り382文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り382文字有料会員になると続きをお読みいただけます。