[PR]

(18日、Jリーグ 鹿島4-2横浜マ)

 連敗中の状況を映したかのようなどんよりとした濃霧のなか、鹿島がようやく初勝利を手にした。

 今季初先発となったFW上田綺世が結果を出した。前半4分、左からの浮き球のクロスを落ち着いてさばいて右足で先取点。さらに、後半13分には低いクロスに右足を出してワンタッチでゴールに流し込んだ。

 ここまで鹿島は4試合で1得点と得点力不足に悩んでいた。それだけに、上田は「何かを変えるより、点を取ることが重要だった。やっていることが正しいと証明するためには得点しかなかった」とゴールに強いこだわりを持っていた。

 Jクラブ最多の国内外主要大会20冠を誇る名門が、ようやくつかんだ1勝。とはいえ、誰も過度には喜んでいない。「あくまで優勝を目指す」と上田。新スタイルを模索する鹿島。前年王者を倒したこの白星を浮上のきっかけにしたい。(大西史恭)

 ザーゴ監督(鹿) 今季初勝利。「選手が準備したものを出して、狙い通りの形を多く作ってくれた」