[PR]

 北朝鮮の国家科学技術委員会は18日、ホームページに新型コロナウイルスのワクチンを開発中との記事を載せた。ただ、北朝鮮の医療水準などには不明な点が多く、実現性はわからないのが実情だ。韓国では、国内向けのアピールだとの見方もある。

 記事は、ワクチンは医学研究院の医学生物学研究所が開発していると伝えた。「新型コロナウイルスが宿主(ヒト)の細胞に侵入する際に使われる酵素を活用している」と主張。「ウイルスの突起部分にあるたんぱく質の遺伝子配列に基づいてワクチンを作っている」と具体的に記した。

 北朝鮮は、中国で新型コロナウイルス感染が拡大し始めた今年初め、中朝国境を閉鎖するなどして防疫を強化。北朝鮮のメディアは「北朝鮮の感染者はゼロ」と報じ続けている。(ソウル=神谷毅)

【動画】開発が急がれる新型コロナウイルスの治療薬とワクチンはいま