拡大する写真・図版米ロサンゼルスで5月、19人の従業員が新型コロナウイルスに感染したというスーパーの前で抗議する人々=ロイター

[PR]

分極社会

 「娘はスーパーを必要とする人のために働き続けた、ヒーローだった」。米東部メリーランド州の黒人女性ゼノビア・シェパードさん(53)は、目に涙を浮かべて語る。

 娘のレイラニ・ジョーダンさん(当時27)は首都ワシントン郊外のスーパー「ジャイアント」で2014年から、最低賃金に近い時給10ドル(約1070円)ほどで働いてきた。しかし、3月下旬に39度を超す熱を出し、新型コロナウイルスの感染が確認された。亡くなったのは、わずか5日後だった。

 「命の危険を冒して働く労働者は守られるべきなのに、マスクも手袋も消毒液も渡されなかった」とゼノビアさんは憤る。5月には米下院のオンラインの公聴会で「どうして娘は死ななければならなかったのか」と語った。

拡大する写真・図版米ワシントン近郊のスーパーで働き、新型コロナに感染して亡くなったレイラニ・ジョーダンさん(母のゼノビアさん提供)

 米国では新型コロナの感染が深刻になった3月、州知事らが相次いで、企業が在宅勤務に切り替えるよう命じた。だが、スーパーは「必要不可欠な業種」として通常営業を続け、従業員の感染が相次いだ。

 東部マサチューセッツ州のスーパー「ウォルマート」は4月以降、従業員34人が感染。その一人で中国系移民のヨク・リーさん(69)は5月3日に亡くなった。一人娘のエレインさん(31)は「母は一生懸命に働き、女手一つで私を育ててくれた。彼女にとってのアメリカン・ドリームだった」と声を詰まらせた。

 米国では6月から、新型コロナ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら