[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策に関連し、菅義偉官房長官は19日のフジテレビの報道番組で、キャバクラやホストクラブについて「風営法(風俗営業法)で立ち入りができる。そういうことを思い切ってやっていく必要がある」と述べ、警察官による立ち入り調査に合わせて感染症対策を徹底するよう店側に促していく考えを示した。

 菅氏は「『夜の街』と一緒くたに言われるが、まったく心配のない所もある」と説明する一方、キャバクラやホストクラブなどでクラスター(感染者集団)が発生していることに触れ、「警察官が足を踏み入れることも厳しくやりながら、(感染の)根源をひとつひとつ潰していきたい」と語った。

 政府関係者によると、風営法に基づく警察官による営業実態の調査を強化。その際、感染症対策の徹底も呼びかけることを想定しているという。菅氏の発言は、風営法を根拠にした警察の立ち入りとコロナ対応を関連づけることで、業界を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 また、菅氏は同番組で、コロナ対応をめぐる現行の特別措置法の改正について「そこは必要だ」と発言。休業要請に応じて休業した業者への補償規定を新設することに含みを残したが、具体的な改正の時期などは明言しなかった。(安倍龍太郎)

【動画】増え続ける新型コロナウイルスの新規感染者。クラスターが懸念されている