[PR]

 沖縄県は19日、本島中部在住の10歳未満の小学生の男児ら2人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で小学生の感染が確認されたのは初めて。県内の感染者は延べ156人となった。

 県によると、男児は軽症。今月16日に発熱し、17日に母親と指定医療機関を受診、19日に陽性が確認されたという。

 また、琉球朝日放送(QAB)に勤務する那覇市の40代男性も感染。18日に同社も発表した。男性に症状はないが、陽性が確認されたことから県内の医療機関に入院しているという。