[PR]

 大相撲7月場所(東京・国技館)初日の19日、昭和以降で初めて、50歳の力士が土俵に上がった。1986年デビューで現役最高齢の序二段・華吹(はなかぜ)=立浪部屋。42歳の序二段・天一(てんいち)=山響部屋=と2人合わせて「92歳」の対決に、敗れた。

 立ち合いから一方的に敗れた華吹の通算成績は、これで658勝744敗。勝利数は、幕内も含めた700人近い全力士の6位につけている。

 昭和、平成、令和の土俵に立った唯一の力士である華吹は、5月28日に50歳になった。通算在位206場所も断トツの歴代1位だ。

 江戸時代の1796年には、元関脇宮城野錦之助が52歳で引退したという記録がある。