[PR]

 新型コロナウイルスへの感染予防を心がけて19日に始まった大相撲7月場所(東京・国技館)。客席を離したり、支度部屋の力士をアクリル板で仕切ったりと工夫しているが、意外なところでも「ソーシャルディスタンス」が見られた。

 微妙な勝負の後、土俵下の勝負審判が手を挙げる。「物言い」の協議。だが、よく見ると、土俵中央に集まった親方衆の距離がいつもよりやや広い。

 伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)によると、これも予防策の一つ。土俵下に座る際も、控えの力士や土俵からできる限り離れるよう指示しているという。

 勝負審判はマスクはせず、場内アナウンスも通常通り行われている。