[PR]

 岐阜県立岐阜商業高校は19日、教員や生徒に新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、19日に開幕した高校野球の県独自大会への同校硬式野球部の出場を辞退することを決めた。8月11日に阪神甲子園球場で明豊高校(大分)と対戦する交流試合への出場については協議中としている。

 同校では、この日までに教員、生徒とその家族、計8人の感染が確認され、今月29日までの休校が決まった。休校期間に大会出場が予定されていた部活動は、全て出場を取りやめる。硬式野球部員の感染は確認されていない。

 硬式野球部の鍛治舎(かじしゃ)巧監督は「2月以来、マスクの着用や手洗い、消毒などを徹底して、やれるだけの感染予防はしてきた。それだけに、選手たちには説明の言葉も無い。(休校期間が明け)30日から練習できるなら、甲子園の交流戦に向け、できる限りの準備をしたい」とコメントした。(松沢拓樹)