[PR]

 新型コロナウイルスによって、この国で失われた1千の命。多くの人たちが、看取(みと)ることもできないまま大事な人を奪われた。「誰でも突然、当事者になり得るという現実を知ってほしい」。再び全国に感染が広がるなか、残された家族が思いを語った。

拡大する写真・図版6月13日。重症化し、意識を失った父に送ったメッセージ

 感染が判明してからわずか2週間。男手一つで育ててくれた父は逝ってしまった。「あまりにも突然で、感情が追いつかない」

 6月1日、関東地方に住む30代の女性はいつものように、北海道に住む父(69)に電話した。

 ふと父が「最近、熱っぽい。ごはんの味がしない」と漏らした。きちんと病院に行くよう伝えた。

 翌日、電話があった。しょんぼりした声で「コロナだった」。父はその日のうちに入院した。あとから知ったことだが、父が出入りしていた飲食店で感染者が出ていた。

 女性は「重症化はせず、そのうち自宅に戻れるだろう」と思っていた。父は週3日は水泳に通って健康に気を使っていたからだ。

 だが持病の糖尿病が災いしたか、入院時に37度前後だった熱が、2日後には39度近くまで上がった。

 6日に電話すると、「アー、アー」と、しんどそうにうなるだけだった。

 8日に《ごはんは食べた?》と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら