「余剰が出れば世界に…」ワクチン分配、途上国後回し?

有料会員記事新型コロナウイルス

ワシントン=香取啓介、ロンドン=下司佳代子
[PR]

 新型コロナウイルスの開発中のワクチンをめぐり各国が争奪戦を激化させる一方、国際機関や先進国の中からも警鐘を鳴らす動きが出ている。より切実にワクチンを必要とする人や地域に届かなくなるという懸念も広がる。(ワシントン=香取啓介、ロンドン=下司佳代子)

 「我々の優先順位は明らかだ。まずは米国人を助け、余剰が出れば世界に回す」

 米政府高官は記者団にこう強調し、自国優先の姿勢を隠そうともしない。

 ただ、国際社会には2009年のH1N1型の新型インフルエンザ流行の際の教訓がある。

 米国の公衆衛生の専門家3人…

この記事は有料会員記事です。残り2727文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]