[PR]

 警視庁は19日、留置管理1課主事の五味丈士(たけし)容疑者(54)=東京都足立区=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。「事故は起こしたが、人とは思わずその場を離れた」と供述しているという。

 人事1課によると、五味容疑者は同日午前4時5分ごろ、東京都北区上十条4丁目の路上で乗用車を運転中、路上に倒れていた板橋区西台3丁目の会社員、小栗佑亮さん(21)をひいて死亡させ、その場を立ち去った疑いがある。五味容疑者は、留置所の食事や清掃などを担当する一般職員で、早番のための出勤途中だったという。

 事故後、現場から数百メートル離れた駐車場に車を止め、いったん現場に戻っていた。自ら119番通報したが、駆けつけた警察官に詳しい事情を説明せずに立ち去っていた。その後の捜査で五味容疑者が浮上したという。(山本孝興)