[PR]

 10代後半の少女に睡眠作用がある薬を入れた酒を飲ませ、ホテルでわいせつな行為をしたとして、警視庁は19日、復興庁参事官補佐の菅原久興容疑者(46)=埼玉県新座市=を準強制性交とわいせつ目的略取の疑いで逮捕し、発表した。「休憩するためにホテルには行ったが、何もしていない。睡眠薬なども飲ませていない」と容疑を否認しているという。

 池袋署によると、菅原容疑者は5月27日夜、東京都豊島区内の居酒屋で、少女に睡眠作用がある薬を入れた酒を飲ませて意識を失わせ、連れだして同区内のホテルでわいせつな行為をした疑いがある。

 2人は初対面で、少女がSNS上で食事などの相手を募集する「パパ活」の書き込みをし、菅原容疑者が応じたという。ホテルを出た後、乗せられたタクシーの中で目を覚ました少女が、署に被害を訴えていた。(山本孝興)