[PR]

 日本弁護士連合会は20日、東京都内に住む60代女性の事務総長(弁護士)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。16日夜に発熱などの症状があり、17日に医療機関で検査を実施。抗原検査でその日のうちに陽性と判明したため、入院したという。現時点で感染経路は不明。会長や副会長ら接触した可能性のある人についてはPCR検査を行い、いずれも陰性だったという。