[PR]

 名古屋・栄地区のライブハウス「名古屋ブルーノート」は20日、ホームページで、8月15日で廃業すると発表した。新型コロナウイルスの影響で客足の回復見通しが立たないとして、今月から無期限の休業に入っていた。運営会社はしばらく存続する。メンバーズクラブの年会費の休業期間分の払い戻しのほか、ギフトカードや食事券など未使用分の返金について対応するという。

 名古屋ブルーノートは2002年11月、米・ニューヨークの名門ジャズクラブ「ブルーノート」の日本4店舗目として開業した。今年2月下旬からライブの中止が続き、今月3日にライブをいったん再開。だが、その後の集客が見込めないため、予定していた公演はすべて中止とした。