[PR]

 農林水産省は21日、総額2003億円をかけて飲食店を支援する「Go To イート」キャンペーンの委託先の公募を始めた。募集は8月7日まで。東京などで新型コロナウイルスの感染者が急増していることを踏まえ、参加する飲食店には感染防止策をとることを義務づける。

 キャンペーンは、購入額に25%上乗せした金額分を使える食事券を販売するほか、ネット予約で食事すると次回から使えるポイントを昼食で500円、夕食で1千円付与する。期間は来年3月末までで、それぞれ767億円分を使い切ったら終わる。食事券の発行や事業のPRなど事務費の上限は469億円で、費用の削減も評価する。

 食事券を発行する事業者は都道府県や政令指定市規模の商工会などを想定し、早ければ8月下旬に事業を始める。一方、ポイント付与は、ためたポイントを遠方の飲食店で使う可能性もあることから、新型コロナ対策を検討する政府の分科会にも意見を求めた上で開始時期を判断するとした。(高木真也)