[PR]

 公正取引委員会は21日、大手通販サイト「楽天市場」の出店者にアンケートを実施したところ、調査を委託した業者のシステムに不具合があり、回答を終えた人の内容が他の回答者に見られる状態になっていた、と発表した。

 公取委によると、アンケートは楽天市場をめぐる独禁法違反容疑の調査の一環で20日午前に始めた。同サイトに出店する約1万社を対象に売上高などを尋ねるものだった。回答しようとした事業者から「他の事業者の回答が入力されていた」と連絡があり、同日午後1時に受け付けをとめた。

 停止するまでに18社が回答を済ませており、これらの社の回答が閲覧できる状態だった可能性があるという。回答ページに入るには対象者に個別に割り当てられたIDが必要で、一般の人はアクセスできないという。

 公取委は「関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます」とコメントを出した。(田中恭太